多重人格の世界がよくわかるおすすめの映画

こんにちわ!
うつ・精神疾患・DVに悩むパートナーの支え方アドバイザー、いしがみです。

多重人格が関係する映画といったら、あなたなら何を想像しますか?
おそらくミステリー、サスペンスものが多いかと思います。
確かに多重人格というと、別人格が犯人・・・というのがオーソドックスかと思いますが、それは間違った認識だと私は思います。
有名なビリーミリガンもそうですが、あくまで事件を起こしたから多重人格が発覚したというだけで、多重人格者本人が怖いものというのではありません。

そこで今日は多重人格の世界がよくわかるおすすめの映画をご紹介します。

【スポンサードリンク】



おすすめ映画

eiga
オススメ映画・・・とありますが、これから紹介するものはすべて「多重人格」を宣伝にしていない映画たちです。
なので「この映画が多重人格につながるの?!」と感じるかもしれません。
でも、実際にその映画を観たとき多重人格と謳っていないはずなのに「これ多重人格やん!」と衝撃を受けた映画たちなんです!
たとえばこちら・・・

パプリカ

papurika
こちらの映画は人気声優林原めぐみさん主演のアニメ映画。
最初は面白いと評判だったので観てみたのですが、開けてびっくり!
夢と現実の行き来を主にした映画だったのですが、夢の世界の自分と現実世界の自分との対話の仕方が多重人格の彼にとってすごくしっくりきたそうです。
この映画のワンシーンを観たことがきっかけで、自分の中の人格たちと話せるようになったんです!
そのワンシーンとは、鏡に映った現実世界の自分と夢の世界の自分が対話をするシーンなのですがその描写がすごくリアルだったそうです。

インサイドヘッド

inn
これはすばらしい。本当に素晴らしかった。
多重人格の彼と一緒に観たのですが、彼の現実過ぎて彼は途中から見れなくなるほど、リアルな多重人格者の現実でした。
映画宣伝をしている時から「これ多重人格なんじゃ?」と思ってはいたのですが、まさにビンゴ。
主人公ライリーの精神世界は、そのまま多重人格である彼の現実世界だったのです。
ほんの少し一緒に観ましたが、彼は全部観られることはありませんでした。そのぐらいリアルで怖かったそうです。
幼少期、ライリーの遊び相手だった人形と遊んでる姿や、ヨロコビとカナシミが居なくなってしまったライリーの現実世界は、治療前の彼そのもの。
楽しいディズニー映画なのに、鳥肌が止まりませんでした。
これは是非観ていただきたい作品です。
【スポンサードリンク】




多重人格の世界がよくわかるおすすめの映画をご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
【スポンサードリンク】





管理人いしがみのお母さんに一押しの履くだけダイエット!

エクスレーヴは今かなりプライスダウンのようです!
詳細はコチラから!
エクスレーヴ(骨盤ケアショーツ)

お友達に知らせたい方はコチラから

定期購入いらずの最安ダイエット!
1か月だけの使用がOK!

多くの芸能人の活用しているフレッシュフルーツ青汁が一か月980円で試せます!強制的な定期購入がなく初回がかなり安いので妊娠中や産後のお母さんでもかなりあすすめです(^^♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です