ADHDの原因は親や食べ物に起因する!?

こんにちわ!編集長のいしがみです。

近年、ADHDの注目度は上昇傾向にあると言われています。
私のこのHPでもADHDの観覧はとても多く、それだけの注目度があると予測されます。
特にお子さんのADHDは親としてこれからの将来やその原因が心配になったりしますよね。
ありとあらゆるADHDの原因が予測されますが、日ごろ気をつけることが出来ることいったら『食べ物』なのではないでしょうか。

そこで今日はADHDの原因は親や食べ物に起因する!?についてまとめていこうと思います。

【スポンサードリンク】



ADHDの原因は食べ物?親の遺伝?

1119
ADHDの原因には『食べ物』と『親の遺伝』もそのひとつだと言われています。
一言「親の遺伝だよ」と言われてもどうして?と思うし、親としては一番気になるところですよね。
ではそこにはどんな原因があるのでしょうか。

親の遺伝

ADHDの原因には後天的要因のほかに、親の遺伝的要因も含まれていると考えられており、親や祖父母がADHDの場合その子どももADHDを発症する可能性が高いと言われているのです。
しかし、同じ家族なのですから普段口にする食べ物や生活環境が一緒なのは当たり前ですよね。
普段一緒に生活している家族なのだから同じ食べ物や同じ環境がADHDの原因であって、本当に親の遺伝が原因なのかというのは実ははっきりとはわかっていません。
仮に親の遺伝がADHDの原因だったとしても、ADHDの症状を緩和することが出来るので、親自身がADHDの原因を作ってしまったと攻める必要はありません。

では、その食べ物にはどのような原因があるのでしょうか。

食べ物

安くて美味しいものって増えてきましたよね。甘いジュースやお菓子、安く買えるパンなど好んで買い与える親御さんは多いのではないでしょうか。
確かに育ち盛りのお子さんには大変助かりますよね。
しかし、その中には食品添加物・人口甘味料・精製された砂糖や小麦・食品アレルギーなどはADHD発症の原因が高いとされてきています。
最近の主流化してきた西洋型食生活・食べ物は高カロリーで食物繊維の少ない物が多く、日本人の体には合う食べ物ではないとされてきました。
元々日本の和食は新鮮な果物や野菜を主にし、健康的な食生活とされています。
2013年12月には、和食がユネスコの世界無形文化遺産にも登録され、その健康的食生活・食べ物は最近海外でも注目を浴びているほどです。
しかし先ほども挙げたように、最近は西洋型食生活・食べ物が主流化しています。
なのでこのこととADHDの子どもが増えている原因なのではというのはまったく関係のないことではないのではないかと考えられます。
PCBや有機塩素系農薬が子どもの脳の発達に悪影響を与えると言う報告もあり、最近のADHDが増えている原因として環境汚染物質があるのではともいわれています。

【スポンサードリンク】



親が気にかけられる食べ物

tabe
ここまでお話して、親の遺伝というよりも食べ物や食生活もADHDの原因になるというのがお分かりいただけたかと思います。
では、どんな食べ物に気をつけることが出来るのか。それぞれ挙げてみたいと思います。

人口甘味料

人工甘味料には癌、肥満、動悸、不妊症、めまい、頭痛、および記憶障害などの重大な副作用があるといわれています。
その種類にはアセスルファムK、アスパルテーム、サッカリン及びスクラロースなど様々な種類があります。これらは市販のジュースにほとんど入っているのです。
人工甘味料は砂糖よりも健康被害が大きいといわれています。
食べ物でADHDの症状を和らげたいとお考えでしたら、これらのものは控えたほうが得策かと思われます。

っといっても、ただ人口甘味料の名前を言われてもわからないですよね。私が見たときはちんぷんかんぷんで「何それ?」でした。
なのでどんな食べ物・飲み物に入っているのか簡単にまとめてみました。

・アセスファムK → スポーツドリンクやダイエット食品(プロテイン)など。甘みはもちろんですが、風味も強くする効果があるためコーヒーやココア、紅茶にも少量使用されていることがあります

・アスパルテーム → ダイエットシュガー、ダイエット飲料、ガム、乳酸菌飲料に使われています。ダイエット系はカロリーもないんだから健康にいいイメージが強いですが、このアスパルテームは危険度が論文でも発表されているほどだそうです。
しかしその反面、カロリーゼロではあるから「安全だ」という意見と真っ二つに分かれているそうです。
しかし、某大手飲料メーカーではこのアスパルテームの使用を中止したと言う発表をされた企業もあります。

・スクラロース → お菓子、ガム、清涼飲料水など幅広く使われています。アスパルテームと並ぶほど毒性が高いと言われているそうです。
場所によっては子どもや妊婦は口にしないようにと警告を出しているところもあるそうです。
ADHDだけでなく、成長の遅れや卵巣萎縮なども可能性として挙げられているものだそうです。

・サッカリン → 漬物・歯磨き粉に使われています。最近は上記のアセスファムKやアスパルテームなどが主流になってきたのであまり使われていないそうなのですが、それでも漬物など普段おかずとして食卓に出す食べ物に使用されているというのは驚きです。

アレルギー性食品

ADHDの症状を食べ物で緩和させたいときは特に大豆・木の実・貝・小麦・乳製品などアレルゲンの含む食品や刺激の強い食べ物に気をつけてください。
また、パパイヤ、アボカド、バナナ、キウイ、チョコレート、フェンネル、キャラウェイとコリアンダーなどに敏感な人もいるので、これらの食べ物は避けた方がよいと言われています。

【スポンサードリンク】



食べたほうがいい食べ物

tabe2
人口甘味料やあまり口にしないほうがいい食べ物を挙げてきましたが、では逆に口にした方がいい食べ物とはなんでしょうか。

良質なたんぱく質

牧草で育てられた牛の肉や鶏肉、養殖ではない魚などが挙げられています。
自然環境で育った高タンパク食品を摂る事はADHDにはとても有益とされているそうです。

高タンパクでオメガ3脂肪酸も豊富に含む卵はADHDを食べ物で緩和したいと考えている人にとってはたくさん食べてもらいたい体に良い食材なんだそうです。
卵1個にはタンパク質やアミノ酸、オメガ3脂肪酸が豊富に含まれているので、重宝したい食べ物のひとつですね。

鶏肉

鶏肉に含まれている必須アミノ酸のトリプトファンはタンパク質を作り、神経伝達物質のセロトニンを正常に保つのだそうです。
ADHDにはこのセロトニンのレベルが正常でない事が多く、攻撃的なADHDの症状に深く関連していると言われているそうです。
鶏の胸肉にはたんぱく質も豊富だと言われていて、最近では鶏の胸肉レシピも豊富になって来ましたよね。
健康的な食べ物の代表格なのではないでしょうか。

鉄が豊富な食品

鉄の血中濃度が低くなると疲労、集中力の低下、神経過敏、記憶力の低下、筋力の低下などの症状が現れます。
ADHDの症状を食べ物で緩和させたいとお考えの親御さんは鉄分を多く含む食品を心掛けるようにするといいかもしれません。
鉄分はサプリで補充する親も多いそうなので、試してみるといいかもしれません。

このようにADHDを食事や食べ物で改善したいという方向けのテキストがあることをご存知でしょうか。


これにも詳しく食事改善法が紹介されているそうなので、一度手にとってみてはいかがでしょうか?

さて、ADHDの原因は親や食べ物に起因する!?についてまとめていきましたがいかがでしたでしょうか。

ADHDの原因は親の遺伝や食べ物と言われることも多いですが、気をつけられることもたくさんあるかと思います。
親の遺伝だからと自分を責めるのではなく、一緒に症状を緩和していくことが大事なのではないかと思います。

最後までお読みいただきありがとうございました。


管理人いしがみのお母さんに一押しの履くだけダイエット!

エクスレーヴは今かなりプライスダウンのようです!
詳細はコチラから!
エクスレーヴ(骨盤ケアショーツ)

お友達に知らせたい方はコチラから

定期購入いらずの最安ダイエット!
1か月だけの使用がOK!

多くの芸能人の活用しているフレッシュフルーツ青汁が一か月980円で試せます!強制的な定期購入がなく初回がかなり安いので妊娠中や産後のお母さんでもかなりあすすめです(^^♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です