さかなクンのADHDや学習障害の噂の最新情報について

こんにちわ!編集長のいしがみです。

近年、ADHD(注意欠乏・多動性障害)・学習障害と言う名を耳にした事のある方は少なくないかと思います。
今までは問題児といわれたり、人の注意が理解できなかったりしていたことも、ADHDや学習障害という名が広まってきて、自分はそうだったのか!と納得する人も増えたのではないでしょうか。
その名が広まるにつれてやはり注目されるのは有名人や著名人のADHDや学習障害。
なかでも『さかなクン』さんのADHDや学習障害は有名な話ではないでしょうか。

そこで今日は、さかなクンのADHDや学習障害の噂の最新情報について、まとめていこうと思います。
【スポンサードリンク】



異様なほどの執着はADHD?学習障害?

sakana1
さかなクンさんといえば、魚好きとして大変有名ですよね。
以前流行った「TVチャンピョン」という番組では、初参加にして見事チャンピョンの座を獲得し、その後魚の知識を有するイベントや番組では引っ張りだこ。
中学3年生の時には、難しいとされていたカブトガニの人工孵化をも成功。これは、民間人としては異例とも言われるほどで、しかも当時中学生。新聞にも大きく取り沙汰されたそうです。
そして2010年。1940年に絶滅したとされていた「クニマス」という魚の再発見の立役者となったのは、なんとさかなクンさんだったのです。これも研究会に大きな影響を及ぼしました。

これほど大きな偉業を数々残しているさかなクンさんですが、魚への異様な執着はADHD・学習障害が絡んでいるのではないかと言われています。
今では、天皇陛下の謁見やお葬式でも、魚の帽子を絶対にはずさないことで有名ですよね。

ADHD・学習障害の特徴である「興味のあることへの執着がすごい」というものが当てはまるそうです。
実際幼少期は魚の絵を描いてばかりで、あまり勉強をしなかったことに小学校の担任の先生は頭を悩ませたそうです。
ADHD・学習障害は、興味のあること以外は眼中に無くなってしまうので、そのほかの興味が一切無かったんですね。
そのせいで、当時さかなクンさんも『問題児』として扱われていたそうです。
【スポンサードリンク】



さかなクンを偉大にしたのは母の影響

sakana2
さかなクンさんの偉業を成し遂げた裏にはADHD・学習障害の影があると思うのですが、そこには母の愛が関係していました。

小学校の担任の先生から「もっと勉強させてください」と言われたさかなクンさんのお母さん。
ですがさかなクンさんのお母さんは「先生、うちの子はあれでいいんです」とさかなクンさんを叱ることは無かったそうです。
むしろ、魚屋でタコを買ってほしいという息子にタコを与え、それを模写することを見ていたり、タコの料理を作ってと言われたらそれが毎日でも作り続けたそうです。
まさに自由に泳がせたっということですね!(笑)
その当時のことを、さかなクンさんご本人も「母に感謝しています。」と語っているそうです。

ADHD・学習障害は周りに合わせるのが困難で、生き辛いと思われがちですが、何かに特化した趣味や知識ほど強いものはないっということですね。

とはいっても、ADHDである自分には何が出来るんだろう。
もっとADHDを改善できることがあるのではないか。っと思いますよね。
そんな方のために、このようなテキストが存在していることをご存知でしたでしょうか。


こちらは大人のADHD・発達障害の食事改善や日々の生活の心がけなどをテキストにしてまとめ、大人のADHDやアスペルがーの症状改善を目指すものだそうです。
自分のADHDがどんなものであるのかを知り、改善をはかり、よりよい毎日を送れるようにこのテキストを使って試してみるのも、ひとつの方法なのではないでしょうか。

さて、さかなクンのADHDや学習障害の噂の最新情報についてまとめていきましたが、いかがでしたでしょうか。

今後もさかなクンさんを応援していきます!!

最後までお読みいただき、ありがとうございました。


管理人いしがみのお母さんに一押しの履くだけダイエット!

エクスレーヴは今かなりプライスダウンのようです!
詳細はコチラから!
エクスレーヴ(骨盤ケアショーツ)

お友達に知らせたい方はコチラから

定期購入いらずの最安ダイエット!
1か月だけの使用がOK!

多くの芸能人の活用しているフレッシュフルーツ青汁が一か月980円で試せます!強制的な定期購入がなく初回がかなり安いので妊娠中や産後のお母さんでもかなりあすすめです(^^♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です