中学生や高校生のADHDの3つの特徴

こんにちわ!編集長のいしがみです。
近頃、ADHD(注意欠乏・多動性障害)が注目されている中お子さんのADHDに悩まれているお母さんも少なくはないのではないでしょうか。
特に年頃の中学生・高校生のお子さんをお持ちのお母さんは、お子さんの新生活がスタートする度に不安になりますよね。

そこで今日は、中学生や高校生のADHDの3つの特徴についてまとめていきます。
【スポンサードリンク】



ADHDの特徴とは

ADHD3
まず、ADHDには3つの特徴があります。それを簡単にまとめてみますね。
この特徴があるからといって、必ずADHDっというわけではありませんので、ご了承ください。

特徴1.不注意

・忘れ物をすることが多い
・何かをやりかけていても、そのままほったらかしにしてしまう
・勉強や物事に集中しづらい。しかし、自分がやりたいことや興味のあることに対しては集中しすぎて切り替えができない
・片づけや整理整頓が極端に苦手
・注意が長続きしなく、気が散りやすい
・話を聞いていないように見えてしまう
・すぐに物をなくしまう

特徴2.多動性

・落ち着いてじっと座ることが出来ない
・過度なおしゃべりが多い
・映画館や公共の場など、静かにするべき場所で静かに出来ない
・そわそわしていて、常に体が動いてしまう

衝動性

・順番を待てない
・会話の流れを気にせず、思いついたらすぐ言葉が出る
・他人の邪魔をしたり、他人のやるべきことをさえぎって自分がやったりする
・気に障ることがあると乱暴になってしまうことがある

ADHDには以上の特徴があるといわれていますが、でもこれ結構お子さんあるあるだったりしませんか?
でも、この特徴があるから実際に病院に検査に行ったらADHDではなかったという話しもよく聞きます。
何度も繰り返し言ってしまいますが、中学生・高校生のお子さんにこの特徴があるから必ずADHDというわけでは決してありません。
中学生・高校生、その子の性格や、ただだらけているだけっという場合ももちろんあります。
うちも子どもがいつも忘れ物をして、宿題も全然せず学校の先生に「将来が心配です」と注意されたことがありますが、特に病院に行くことなく雷落とす級の注意をし、毎日一緒にチェックする作業を身につけると忘れ物をしなくなり、先生からも「お子さん、すごくがんばってますよ!」と誉めて頂くことができました。
ここにあがっているADHDの特徴は「極端にそれが出来ない」というお話なのです。
なので、ADHDの特徴を見てもすぐに病院・・・ではなく、お子さんと一緒に生活改善を図ってみるのもありではないかと思います。

中学生・高校生のADHD

ADHD1
幼稚園・保育園・小学校のお子さんのADHDも心配ですが、何より心配になるのは中学生・高校生のお子さんを持つお母さんではないでしょうか。
小さい頃は成長の違いで片付けられていた問題でも、中学生・高校生となるとそうもいきません。
中学生・高校生というのは将来に向けての進路や勉強が主になってきますしね。
特に進路!!中学生・高校生のADHDを抱えている場合、進路は特に心配になりますよね。
そこで、ADHDを抱える中学生・高校生のお子さんにはどういう対処が必要なのかをご紹介していきます。

気が散ってしまわぬよう、部屋はスッキリと!

ADHDを抱える中学生・高校生のお子さんは、ひとつのことに集中しやすいけど、それが自分の好きなこと・興味のないことだとすぐ気が散ってしまいがち。
でもこれは、やりたくないというより、好奇心旺盛なので「これもやりたい」「あれもやりたい」とやりたいことがどんどん増えて、最終的に何をしていたのか忘れちゃうだけなんですよね。
なので、部屋はスッキリコンパクトに。全く何もないのは少し寂しいので、飾りつけなんかは少なめにするといいかもしれないです。
特にゲーム機は中学生・高校生のお子さんの気をそらしやすいものNo,1だと思います。
最近は、スマホの普及でゲームがしやすくなってますよね。だからといって、全くスマホを持たせないというのもなかなか出来ない時代です。
中学生・高校生のお子さんと相談して、スマホやゲーム機はリビングに置くなどしてルールを作るのもいいのではないかと思います。

定期的に体を動かすようにしてみる

じっとしていられないなら、身体を動かしちゃえばいいじゃない!っというわけですね(笑)
中学生・高校生のADHDの特徴のひとつにもあるように、じっとしていられないお子さんにどうすればいいのかと悩むお母さんも多いのではないでしょうか。
よく「貧乏ゆすりはやめなさい!」と言ってしまいがちですが、中学生・高校生のADHDを抱えるお子さんには貧乏ゆすりや何かを触りながら、動かしながらの作業の方が勉強の効率が良くなったりします。
私もよく、音楽を聴きながら勉強していると「音楽なんて聴いてたら勉強に集中できなくなるからやめなさい!」と言われたものですが、逆に音楽があったほうが集中できたりするんですよね。それはこういうことだったのかと少し納得しました。

また、時間を決めてストレッチをしたり、ボールを握りながら勉強をするなんて方法もあるみたいですよ。
特徴をむしろ活用するっというわけですね!!
何もないほうが集中しやすいと決め付けず、その子に合った勉強方を見つけ出すのが一番いいのかもしれませんね。

好きなものを徹底的にやらせてみる

ADH4
中学生・高校生のADHDに限らず、ADHDの方は自分の好きなもの・興味のあるものには驚くぐらいの集中力を発揮することがありますよね。
では逆に、その好きなものを徹底的にやらせてみるのも、ひとつの手かもしれません。
好きなことを極めるだけで、将来何の役に立つの?と思いますよね。
しかし最近は、大手企業に勤めたり、安定した仕事に就くよりも自分で仕事を起こした方がいいっという話が出てきているのをご存知ですか?
そのほうが、自分のペースで仕事が出来て、自分のペースで生活をすることが出来るからです。
【スポンサードリンク】



有名な話では、さかなくんのお母様のお話がありますね。(さかなくんさんがADHDというわけではありませんが・・・)
さかなくんさんは、小さい頃から魚が大好きでずっと魚の絵を描いていたそうなんです。
それを学校の先生たちは良く思わなかったようで、お母さんに「魚の絵ばかり描いていて困ります。どうにかしてください。」とお話したそうなんです。
中学生・高校生のお子さんをもつお母さんは「はいわかりました!」と頭を悩ますことが多いかと思うのですが(うちだったらそうしちゃう・・・)さかなくんさんのお母さんは違いました。「うちの子はそれでいいんです。」と仰ったそうです。
好きなもの・興味のあるものに集中して切り替えが出来ない、なんてADHDの特徴のひとつにもありますよね。
それでも、さかなくんさんのお母さんは、子どもの好きなことを個性として受け入れ、むしろそれに協力していったそうなんです。
そのおかげもあってか、さかなくんさんは今では大学の准教授もされていますよね。
社会の常識に囚われず、子どもの「好き」を伸ばしてみると、驚きの進化があるかもしれないんですね!!

中学生・高校生のADHDと上手く付き合っていくために

様々なADHDの特徴や中学生・高校生のADHDの特徴・対処をご紹介していきましたが、それでもお母さんの不安はつき物ですよね。
かといって、今から子どものためにADHDに強い資格を取る?それもなかなか難しいですよね。
そこで、こういうマニュアルがあることをご存知でしょうか?

こちらは基本大人のADHDを対象としているのですが、中学生・高校生のお子さんのADHDやもしかしてAHDHなのではないか?とお悩みの方にもADHDとは何なのか、をわかりやすくマニュアルにして紹介しています。
それだけでなく、食事改善や生活改善の方法、ADHDの病院なども紹介されているので、中学生・高校生のお子さんとどう接すればいいのか、どう考え方を変えていくのかのヒントにもなるかと思います。
一度サイトを覗いてみてはいかがでしょうか♪

さて、中学生や高校生のADHDの3つの特徴についてご紹介していきましたが、いかがでしたでしょうか。

中学生・高校生は思春期と重なることもあり、どう対応していいのか、どう接していけばいいのかADHDであってもそうでなくても難しい年頃だと思います。
お母さん1人で悩まないで、協力できる機関や環境作り、中学生・高校生のADHDと楽に向き合うかでお母さんの負担も中学生・高校生のお子さんも軽くなっていくと思います。
この記事が、何かの参考になりますように・・・

最後までお読みいただき、ありがとうございました。


管理人いしがみのお母さんに一押しの履くだけダイエット!

エクスレーヴは今かなりプライスダウンのようです!
詳細はコチラから!
エクスレーヴ(骨盤ケアショーツ)

お友達に知らせたい方はコチラから

定期購入いらずの最安ダイエット!
1か月だけの使用がOK!

多くの芸能人の活用しているフレッシュフルーツ青汁が一か月980円で試せます!強制的な定期購入がなく初回がかなり安いので妊娠中や産後のお母さんでもかなりあすすめです(^^♪

2 件のコメント

  • adhd高校生の息子がクラスで嫌われてるから修学旅行行きたくないと言ってます。集団が苦手なので行ってストレスになるより、行かない方がいいでしょうか?

    • はじめまして!コメントありがとうございます(^^)
      お返事が遅くなってしまい申し訳ありません。

      私だったら、の話になってしまうのですが…
      私だったら行かなくていいよと言うかと思います。
      でも本人が「頑張ってみる!」と言ったら快く送り出します。
      修学旅行は学生時代にしか体験できない貴重なものかもしれません。
      修学旅行マジックで、その期間だけ同級生たちと仲良くできるかもしれませんが、当の本人が「どうしても行きたくない」というのであれば「じゃあ家族で旅行しようか!」と提案だけします。
      あとは決めるのは本人次第…かなっと思います。
      お子さんがADHDとのことですが、主治医の先生にはご相談されたのでしょうか??
      まずはお医者さん、又は先生に相談してみるのもいいかと思います(^^)

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です